【7月7日~7月11日】ミリオネアオプション取引結果

こんにちは、大倉光成です。

 

今回は、7月7日~7月11日分の取引結果報告です。

 

 

お陰様で“大倉流 勝利の方程式”が、

インフォトップの投資部門で1位を獲得することができました。

 

大倉流 勝利の方程式ランキング

 

もしかすると私の手法をノウハウ化することが決定したことを、

まだご存じでない方もいらっしゃるかもしれませんので

少しでも気になる方は販売ページを覗いてみてください。

 

 

大倉流 勝利の方程式

大倉光成 大倉流 勝利の方程式の詳細はコチラ

 

 

それでは、本日の本題に戻り

前回の7月4日以降の取引結果をご覧ください。

 

【7月7日~7月11日 取引結果】

140707

140708

140709

140710

140711

 

【取引詳細】

 取引回数: 82回

 勝ち回数: 59回

 負け回数: 21回

 引分回数: 2回

  純利益: 69750円

   勝率: 73.8%

 

 

前週の通算勝率77.2%に対して、

今週は73.8%と若干勝率も低下してしまいましたが、

勝率70%台には乗っているので至って順調だと言えます。

 

7月7日~7月11日の相場の動きとしては、

ドル円・ユーロ円ともに下降傾向でした。

 

9日、10日と2日続けてFOMC重要発表と経済指標の発表があり、

その影響を受けた形で週末を迎えました。

 

FOMC議事録が市場の予想に反し、

特に経済に影響を与える内容ではなかったためドル売りが加速しました。

 

特にユーロ円では、ユーロが売られたというよりも、

円が買われた形で大きく下降しそのままレートがレンジ状態になっています。

 

来週明けにかけて、この下落分を補うように上昇で始まるか、

その下降の影響を残したまま、レンジ・下降傾向が続くのかが注目です。

 

 

“大倉流 勝利の方程式”をリリースした直後から、

このブログへの問い合わせ件数が急激に増えてきているわけですが、

その中で多いお問い合わせが(購入者様からの質問で)

 

『トレードするオススメの時間帯はありますか?』

という質問がとにかく多く、その返答内容に頭を悩ませています。

 

私の基本的な考え方としては、

時間帯を選ぶよりも自分がメインで行う時間帯の特徴やクセを

把握することに徹した方が継続的に勝てるようになると思っています。

 

長期スパンで投資と向き合う以上は、

ある程度のリズム作りが非常に重要になってきます。

 

 

もちろん必ず勝てる時間帯が存在するのであれば、

その時間帯に行うべきだと思いますが、

相場の動きは決まった時間帯に決まった動きをするわけではありませんしね..。

 

その中でも例外があり、

上記のような経済指標や重要発表を狙うのでしたら、

予め時間は分かっているわけですから、

その時間帯に合わせてトレードするのも一つの戦略でしょう。

 

 

基本的にお問い合わせメールに対しては、

必ずご返信するようにしておりますが、

ここ最近はとにかくメール件数が多いこともあり

どうしても返信までにお時間を頂くことになってしまいます。

 

出来る限り、“大倉流 勝利の方程式”のご購入者様を優先的に

ご対応するようにしておりますが、

どうしても急ぎで確認が必要な内容に関しては、

大変お手数ですがメールの件名に【※至急】とご記載ください。

 

 

大倉光成

 

大倉流 勝利の方程式

大倉光成 大倉流 勝利の方程式 販売ページはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ